ポケモンカード悪リザードンEXデッキレシピ&解説 初心者向けに使い方も スタンダード構築

カードゲーム
スポンサーリンク

悪テラスタル リザードン

拡張パック「黒炎の支配者」の収録カードの中でも注目カードといえばやはり悪テラスタルの【リザードンEX】。

炎タイプのリザードンとは違い悪タイプとなっており、これまでとは違ったリザードンのデッキになりそうです。

今回はリザードンEXを使ったデッキ、相性の良いカードを紹介していきます。カードの紹介は多くのデッキに入るであろう汎用カードの解説は省略しています。

強力でもあり今作っておけば【スタンダード】でも長く使うことができそうです。

カード解説:ポケモン枠

リザードンEX

特性「れんごくしはい」で、基本炎エネルギーを一気に3枚まで加速することができます。 

 炎エネルギー2個で使えるワザ「バーニングダーク」は、相手のサイド次第で330ダメージにもなるから、「れんごくしはい」と使えば大逆転も可能です。

ただし、序盤のダメージは180と低くなってしまうため、序盤の攻撃用に別ポケモンにエネルギーをつけることも考えておいた方が良さそうです。

テラスタルで悪タイプとなっているため、弱点も【水ではなく草】となり、攻撃時も【悪】となり弱点もつきやすくなっています。

特に超タイプ【サーナイトEX】などの弱点がつけるようになっています。

ただし、とくせい無効化には何らかの対策が必要となってきます。【頂への雪道】は剥がす方法を考えておく必要があります。

リザードンEX

こちらは炎タイプの【リザードンEX】。必要あらば悪・炎両方のタイプを入れることがデッキ構築でできます。

ビクティニEX

【リザードンEX】の特性「れんごくしはい」の基本ほのおエネルギー3枚加速で一気に【ビクトリーフレイム】を使うことができます。

序盤で【ビクトリーフレイム】220ダメージは十分な数値となります。

【次の自分の番、このポケモンはワザが使えない】というデメリットはありますが、気にならない程度のデメリットです。

HP190と低めに設定されていますが、相手にきぜつさせられても、リザードンEXの「バーニングダーク」の火力が上がります。

序盤用のアタッカー候補として採用候補となります。

エンテイV

【リザードンEX】の特性「れんごくしはい」の基本ほのおエネルギー3枚加速で一気に【バーニングロンド】を使うことができます。

【バーニングロンド】はエネルギー2枚で使うことができるので、もう1枚は他のポケモンにつけることもできます。

バトル場にいればとくせいの【しゅんそく】で1ドローをできます。

マフォクシーV

【リザードンEX】の特性「れんごくしはい」の基本ほのおエネルギー3枚加速で一気に【マジカルファイヤー】を使うことができます。

ついているエネルギーを2枚ロストゾーンに置けば、ベンチポケモン1匹にも120ダメージを出せますが、ロスト送りは若干つらいですね・・・

とは言っても相手の進化前のポケモンもきぜつさせて状況を崩すことができる可能性のあるカードなので採用もありかと思います。

また、ポケモンVなので【森の封印石】も使うことができます

かがやくリザードン

リザードンEXと同様にサイドカードを取られるとワザが使いやすくなるカードになっています。

1エネルギーでかえんばく250ダメージを出すこともできるカードで終盤に進化を発揮するカードになります。

かがやくゲッコウガ

かがやくポケモン枠での候補です。

特性かくしふだで安定的にドローをして、デッキを回していきます。手札にエネルギーが来すぎている場合は積極的に特性にまわしてドローしていきましょう。

トラッシュしたエネルギーは【すごいつりざお】で山札に戻して【れんごくしはい】の為に備えておきましょう。

ピジョットEX

特性の【マッハサーチ】は強いの一言です。毎ターン好きなカードが1枚手札に加え続けることは非常に強力です。

とは言っても特性無効化されてしまうと、貧弱なポケモンEXとなってしまうので、特性対策はしておく必要があります。

一応、ふきすさぶで【頂への雪道】はトラッシュできますが、ワザの前にトラッシュへ送りたいので、何かしらの対策は欲しいです。

【リザードンex】のデッキにも【ふしぎなアメ】が採用されることが多いので、このカードも無理なく採用できます。

マナフィ

特性「なみのヴェール」でベンチポケモンを守ります。

【リザードンEX】に進化する前に【ヒトカゲ】が気絶させられてしまうとどうにもならないので、マナフィでベンチへのダメージを防ぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました